ショットバーってどんなBar?


バーには音楽を楽しむタイプのジャズバーやロックバー・ピアノバー、ゴルフやダーツを楽しむバー、会話を楽しむスタンディングバーやアイリッシュバー、そして食事とお酒を楽しむダイニングバー・レストランバー、ショーを楽しむマジックバー等ほかにも専門的なお酒ばかりを置いているワインバーやテキーラバー、趣味のためのバーなど本当に多くの種類があります。中でも一般的でありながら普通のバーとの違いがよくわからないという方も多い「ショットバー」とはどのようなバーなのかと言うと、ショットとはワンショット(グラス一杯のお酒の事)を指すので基本的にグラス一杯単位で販売するのがショットバーだそうです。ですから一杯のお酒を飲むごとにお金を払うシステムのバーも結構あります。

そして、一杯のお酒を一番美味しく楽しんでもらうためにお酒の銘柄にこだわっているお店やお水や氷にもこだわりを持っているお店も沢山ありますし、心地よいBGMが流れたり店内の装飾や演出に凝っていて心でもお酒を楽しんでもらうような工夫をされているお店も多く見かけます。このようにワンショット単位でお酒を飲む事が出来るのが特徴なので、他のタイプのバー(専門的なお酒ばかりを置いているバーや趣味のためのバー、音楽を楽しむバーなど)に関してもワンショットあたりの料金が提示されているバーならばまとめてショットバーと呼んでも良いという事です。

ちなみにショットバーのお酒のお値段ですが、メニュー表が無くてマスターに料金を聞くまで値段がわからないようなお店でも一杯約800円から1000円くらいが相場なようで、そこにチャージ(500円から1000円くらい、最近は無料のお店も多い)が加算されるので2~3杯飲むとだいたい3000円から4000円くらいが相場となります。

またダイニングバーやレストランバーと違い、ひっそりとした地下やビルの中にあって店内にはカウンター席しか無く、常連の男性が1人で通うようなイメージを抱く方も多いでしょうが、最近では女性でも気軽に楽しめるようなオリジナルカクテルの種類が多いお店やカウンター以外にテーブル席が充実しているお店、フードメニューが充実しているお店なども増えているので、常連さんじゃなくても女子会やデート、カジュアルな飲み会でも十分に活用できるはずです。

さらにショットバーはボトルキープの必要もありませんし、会社帰りにフラっと立ち寄るにはかなりお安く済むというメリットもありお勧めです。

関連記事Related Posts

  • ラウンジってどんなお店?

    男性の中には、仕事が終わった後などに、女性スタッフが接客してくれる、いわゆる夜のお店にい行くことが大きな楽しみだという人が少なくないでしょう。ただ、夜のお店と一…

  • ラウンジ・スナックのママってどんな仕事をしているの?

    水商売には様々な種類があり、仕事内容も異なります。 ラウンジは、高級クラブよりは敷居が低く、キャバクラよりは落ち着いた店が多いです。仕事内容は、客の隣に座り、…

  • キャバクラやラウンジで働いてる子ってどんな子?

    キャバクラやラウンジで働いている子はいくつかの種類に分けられます。 そして、案外普通の子が多いです。 ①年上の異性との出会いを求めている 通常の生…

  • 立花のラウンジの料金相場

    兵庫県尼崎市の繁華街である、立花町、キャバクラやラウンジに行かれる方も多いです。 ここでちょっと気になるのが、料金です。キャバクラやラウンジというのは、地域毎…

  • 水商売の基本!?スナックのシステム徹底解説

    水商売のひとつ、スナックはBARと似たようなカウンター席とテーブル席(ボックス)に分かれていて、来店したお客さんに女性が付くお酒の場です。店内でお客さんとアルコ…