バーってどんなお店?


バーという単語を聞けば、おしゃれな西洋風な酒飲み屋のお店をイメージする人が日本では多いことでしょう。日本においてこのバーとしてのお店の看板を掲げる場合は、カクテルや水割りなどといったお酒をカウンター越しから提供するお店のことを指すのが基本となっています。また、それだけに限らずとも、酒と共に娯楽を提供する店も同じカテゴリとして含む見方もあります。

日本では様々な専門分野をお酒と共に扱う店としてたくさんのバーが存在しており、焼酎や日本酒といった特定のお酒のみを扱う店から、ゴルフやビリヤード、ダーツ、鉄道、ラジコン、スポーツといった娯楽系のもの、さらにはメイドやガールズ、ボーイズといったものまでをも扱った酒飲み屋があり、非常に幅広いものとなっています。このように日本でも種類の多い酒飲み屋なのですがその発祥の地はどこであるのかということは、諸説がたくさんありはっきりとはしていません。

日本では外国人を相手にするために始まったとされており、外国によって発祥したものが日本にも伝来されてきたとされていますが、その外国がどこであるのかというのが不透明となっているのです。ですが、現在の有力な候補となっているのはアメリカだとされており、その有力さを裏返すかのようにアメリカにおいてバーというお店は、世界を大きく動かしていくような歴史的事件の発祥の地という役割を担っており、より密接に歴史に関わっているお店となっているのです。

歴史的事件に密接に関わっているという裏付けは、20世紀の初めにアメリカで行われたたくさんの文化運動などは、ほぼすべてがここから始まっているとされているためであり、そうなり得た要因としては、多くの労働者や若者たちの不満や胸に秘めた想いを吐き出せる場であり、そして同じ想いを持つ者同士で酒を飲みながら愚痴を言い合える場であったということが大きいでしょう。そうして共有した想いはやがて政治的な運動を起こすきっかけとなっていき、それらの謀略を企てるのにもっとも最適な場所となっていったわけです。

このようなことから、バーという場所は単なる酒を飲む場所としての役割だけでなく、多くの人のアイデンティティや同じ想いを持った者たちが仲間意識を築く場となっているのです。

そして、その役割は現在でもまったく変わっておらず、だからこそたくさんの人から親しまれている酒飲み屋として、世界中に存在しているのです。

関連記事Related Posts

  • ガールズバーってどんなお店?

    日本ではガールズバーが人気を博しています。ガールズバーというのは、女性バーテンダーが中心のショットバーのことです。 日本では、カウンターで水割りやカクテル…

  • キャバクラとの違いは?ラウンジの接客や料金のシステム

    女性スタッフとのおしゃべりを楽しむ事ができる風俗の一種として人気があるのが、ラウンジと呼ばれている場所です。そんなラウンジはキャバクラやスナックとは若干システム…

  • 立花のラウンジの料金相場

    兵庫県尼崎市の繁華街である、立花町、キャバクラやラウンジに行かれる方も多いです。 ここでちょっと気になるのが、料金です。キャバクラやラウンジというのは、地域毎…

  • ショットバーってどんなBar?

    バーには音楽を楽しむタイプのジャズバーやロックバー・ピアノバー、ゴルフやダーツを楽しむバー、会話を楽しむスタンディングバーやアイリッシュバー、そして食事とお酒を…

  • ラウンジ・スナックのママってどんな仕事をしているの?

    水商売には様々な種類があり、仕事内容も異なります。 ラウンジは、高級クラブよりは敷居が低く、キャバクラよりは落ち着いた店が多いです。仕事内容は、客の隣に座り、…