ラウンジ・スナックのママってどんな仕事をしているの?


水商売には様々な種類があり、仕事内容も異なります。
ラウンジは、高級クラブよりは敷居が低く、キャバクラよりは落ち着いた店が多いです。仕事内容は、客の隣に座り、お酒を飲みながら会話を楽しみ接客をします。
接客はボックスで行われることが多いのですが、カウンターがある店も少なくありません。その場合は、カウンターをはさんで接客をします。

スナックの場合は、クラブと形式が似ています。席料とドリンク代などの料金は、クラブよりもリーズナブルな料金設定になっています。
接待にも利用しやすく、年配のサラリーマンも多いです。クラブは敷居が高く、キャバクラの雰囲気は苦手だという男性の利用者が多いです。

ラウンジのママは、店の責任者として、働く女性の割り振りやフォロー、経営に関する雑務も行います。ラウンジは、経営者が別にいる店も少なくありません。
ラウンジは、一般的に担当性が採用されているので、担当が決まれば他の女性が担当することはなく、基本的に競争がありません。ただ、割り振りに関してはママが責任を持っているので、ママの采配は重要です。

スナックの場合、ママとアシスタントの女性というアットホームな雰囲気の店が多いです。
元々、軽食を提供するバーのことを指し、日本のスナックは、軽食を提供するバーに女性の接客がついた形態です。

接客と言っても、クラブやキャバクラとは違って、カウンター越しでの接客になります。そのため、深夜12時以降でも営業が可能なのです。スナックの中には、明け方までオープンしている店も少なくありません。

ママは、お酒や料理を出し、カウンターをはさんで接客を行います。地域密着型で、近所に住んでいる人が常連さんという店も少なくありません。そのため、フレンドリーな雰囲気の店が多いです。カラオケがあるスナックも多く、客の年齢層は高めです。

自分が店を経営しているケースも多く、その場合は、店の経営に関する経理などの事務も行います。個人事業主となるので、確定申告が必要になります。スナックでは、ツケで払う人もいます。スナックのツケは、飲食料に係る債権として、1年で消滅時効を迎えます。もし、客が1年間ツケを払ってくれなかった場合は、回収できなくなるので注意が必要です。

最近は、ツケでの支払いをなしにして、クレジットカードによる決済システムを導入している店も多いです。所定の手数料はかかるものの、売り上げを回収できないリスクを避けることができます。

関連記事Related Posts

  • ラウンジの女の子の年齢層

    ラウンジの女の子の年齢層は20代がもっとも多いです。 20代のOLや大学生の様に他の仕事を持っていたり、学生だったりするのが殆どで、専業で働いている方が少ない…

  • 失敗しないラウンジの選び方

    お酒を飲むことができ、さらに美しい女性が接待してくれる店には、様々な種類があります。 昔は、高級クラブやスナック、パブくらいでしたが、最近は、キャバクラやガー…

  • Bar(バー)の料金相場

    お酒を楽しみたい人にとって魅力的な店舗であるバーですが、お酒好きな人だと時間をかけてたくさん飲んでしまうケースが多いため、お会計のときに驚くような代金を請求され…

  • 立花のラウンジの料金相場

    兵庫県尼崎市の繁華街である、立花町、キャバクラやラウンジに行かれる方も多いです。 ここでちょっと気になるのが、料金です。キャバクラやラウンジというのは、地域毎…

  • 阪神尼崎のキャバクラの平均時給

    阪神尼崎のキャバクラでは、体験入店での時給が、1,500円から4,000円くらいとなるようです。本採用となったら、時給3,000円以上になることが多いようですが…