阪神尼崎のキャバクラの平均時給


阪神尼崎のキャバクラでは、体験入店での時給が、1,500円から4,000円くらいとなるようです。本採用となったら、時給3,000円以上になることが多いようですが、4,000円以上の時給を保証しているところもあります。平均時給が4,500円である店も、中にはあります。

キャバクラの時給は勤続年数で一律に決まるわけではないので、高いほうの時給は相当な額となります。尼崎のキャバクラは地元の利用者が多いため、リピート客が多く、安定収入を得ている人もそれなりにいます。ただ、キャバクラは人気商売であるため、向き不向きがあり、向いている人は安定的に高収入を得ることができますが、最低時給にとどまる人もいます。

体験入店の時点で、時給が人によって2,500円だったり、4,000円だったりする店もあります。そのため、全店舗の平均時給を気にするより、各店舗の時給の最低額を見ていったほうが、勤務先を探す際に役立つかもしれません。

体験入店が何度でも可能な店もあり、勤めやすい店を探すのに、体験入店制度は有効活用できます。アルバイトの体験就業時に、時給を支払わない職種もありますので、たとえおよそ1,500円ほどであっても、時給を出すというのは、良心的な姿勢と言えます。入店祝い金数万円を出しているところもあります。

アルバイトでなく、正式採用の上で勤務すると、最低時給が高くなる店もあります。体験入店でいくつかのところを回ってみて、勤めやすそうなところが見つかったら、アルバイトとしてではなく、本採用されて勤めるほうが、当然ながら時給の面で有利となります。他の仕事と掛け持ちしている場合や、副業としておこなう場合は、アルバイトのままでいたほうが、融通は利きます。しかし時給面を重視するなら、本採用となって、専業で努めたほうが有利です。

 店への貢献度によって、時給を上げている店もあれば、歩合制にして、歩合で報いている店もあります。貢献度がわかりやすく収入面に反映されるという点では、歩合制のほうが好ましいと見られます。時給のほうが、安定性があるため、そちらを好む人もいます。

店の給与体系はまちまちですので、その点も確認しながら、勤務先を選んでいくことになります。ただ、向き不向きがある職種ですので、最初は、歩合制で果たして高収入が得られるかどうかわかりませんから、やはり最低時給を見ていったほうが無難であると言えるでしょう。

関連記事Related Posts

  • ラウンジ・スナックのママってどんな仕事をしているの?

    水商売には様々な種類があり、仕事内容も異なります。 ラウンジは、高級クラブよりは敷居が低く、キャバクラよりは落ち着いた店が多いです。仕事内容は、客の隣に座り、…

  • ラウンジの女の子の年齢層

    ラウンジの女の子の年齢層は20代がもっとも多いです。 20代のOLや大学生の様に他の仕事を持っていたり、学生だったりするのが殆どで、専業で働いている方が少ない…

  • バーってどんなお店?

    バーという単語を聞けば、おしゃれな西洋風な酒飲み屋のお店をイメージする人が日本では多いことでしょう。日本においてこのバーとしてのお店の看板を掲げる場合は、カクテ…

  • ガールズバーってどんなお店?

    日本ではガールズバーが人気を博しています。ガールズバーというのは、女性バーテンダーが中心のショットバーのことです。 日本では、カウンターで水割りやカクテル…

  • 阪神尼崎のキャバクラの料金相場

    女性と夜に楽しい時間を過ごしたいときに便利なのがキャバクラですが、阪神尼崎周辺には該当店舗が点々とありますので、利用しやすい地域だといえます。利用の際には料金相…