阪神尼崎・立花のラウンジの平均時給


お酒を飲みながら女性と会話が楽しめる店と言えば高級クラブやキャバクラをイメージする人が多いです。最近では、ガールズバーも話題になっています。
高級クラブに近いものの、料金はキャバクラ並みに手頃でサラリーマンに人気があるのがラウンジです。

関西地方では、北新地が有名ですが、最近は、様々な地域に店がオープンしています。店にはレベルがあり、高級な店からキャバクラのように気軽に入れる店まであります。
気軽に入れる店だと、若いサラリーマンでも無理なく通えるような料金設定になっています。
尼崎の立花辺りでは、平均時給は1500円から3000円くらいです。高級な会員制ラウンジだと平均の時給より高いところもあります。

ラウンジも、キャバクラと同じように客の隣に座って接待をします。お酒を飲みながら相手が楽しめるように様々なサービスを行います。

店での接客は、ボックス席が多いですが、カウンターがある店も少なくありません。カウンターの場合は、カウンターをはさんで接客を行います。
料金は、わかりやすい料金設定になっており、席の料金と飲食代金を合わせた料金を支払います。
キャバクラは、店によって独自の売り上げノルマがあるケースが多く、ノルマが達成できれば給与が上がり、決められたノルマが達成できないと時給が下がることもあります。

一方、ラウンジは、ノルマがない店が多いです。ただ、高級店の多い北新地のような場所ではノルマがある店もあります。

服装は、店に出て恥ずかしくない服装であれば大丈夫です。ヘアメイクも、キャバクラ嬢のようにしっかりしたメイクやヘアスタイルでなくても問題はありません。高級店では、和装で接客する人もいます。店で着る服は、レンタルもあります。
キャバクラは、店の方針によって、コスプレやミニドレスなど衣装を指定されることが多く、メイクなどにもうるさいケースが多いです。

ラウンジは、お店にママがいて采配を振るっています。ママの仕事は多く、働く女性を適材適所に割り振り、しっかりとフォローします。一般的に、複数での接客が多いです。ママが席を割り振り、担当が決まると自分以外の女性が担当することはないので、トラブルも起きにくいです。

客層も30代以降の男性が多く、落ち着いた雰囲気の中で働くことができます。フリータイム制なので、長時間じっくりと会話を楽しむ男性がほとんどで、ゆっくり接客ができます。採用年齢も幅広く、30代や40代で働いている女性もいます。

関連記事Related Posts